優秀な人材の流出を防止する方法

転職を思いとどまる条件TOP10
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20151209-00046335-r25
転職をしたい人が多くなっている昨今ですが、実際に転職をした人は増えています。
しかしながら人材の流動化は、企業にとっても優秀な人材が外部へ流出する可能性が有り、出来れば防止策を考えて引き留めたいですよね。
あるアンケートで、上司から提案されたら、転職を思いとどまる条件が挙げられていますので見てみましょう。
1位 給与額が現在の1.5倍になる 139pt
2位 希望する部署に異動できる 30pt
3位 残業時間がゼロになる 27pt
4位 嫌な部下や同僚を他部署に異動してもらえる 26pt
4位 確実に将来、会社の主要役職に就ける 26pt
6位 裁量労働制で、自由に勤務時間を選べる 18pt
7位 社内で新規事業を立ち上げられる 13pt
8位 希望する勤務地を選べる(在宅勤務含む) 12pt
9位 希望する学校に留学をさせてもらえる 7pt
9位 売上などのノルマがなくなる 7pt
最も多い条件は当然ですが給料アップ。春闘などでのベア・賃上げで可能なレベルかも知れません。と言うのも本当に一銭も上がらない企業は非常に多く有り、憤りを通り越して呆れる企業も有りますから・・・
残業時間ゼロと裁量労働制が同時にランクインしていますが、こちらも余裕で達成・導入できる企業は多いでしょう。
この中で難しい要求は部下や同僚などの他部署への異動、確実に重役ですね。
セクハラやパワハラなどの理由で異動させて欲しいので有れば可能な範囲で出来ますが、それ以外では会社側が訴えられ、しかも負ける。リスクが大きいですね。そして重役ですが・・・答える必要もないでしょう。
意外なのは希望する部署へ異動できれば転職を考え直す事でしょうか。
こちらは結構融通効きますから、転職前に一度届けを出して見ても良いでしょう。