ヒューレット・パッカードが新たに3万人程度のリストラ策を発表

HP、さらに最大3万人の人員削減計画を発表
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/091602995/
一方では人手が足りずシニア人材雇用引き留め策をしていますが、一方では人員削減でリストラ策と言う両極端となっているIT業界。
PCではトップとなっていたアメリカのヒューレット・パッカードですが、ここ数年は冴えない状況が続いています。
HPはこれ迄にも多くのリストラを行っていますが、今回新たに3万人ほどの追加リストラを行う事となり、合わせて8万人規模の人員削減となる予定。
HPは先日から会社を分社化しておりますが、日本法人の分社化を先行しましたね。
日本法人ではエンタプライズ事業を日本ヒューレット・パッカード、PC・プリンティング事業を日本HPが行う事となっています。
現HP会長・社長兼最高経営責任者のメグ・ホイットマンCEOは、Hewlett Packard EnterpriseのCEO兼社長に就任する予定。