日本人の通勤時間は平均39分6秒、世界平均よりも13分長い

2年で20分増!日本人の「通勤時間」の平均は…
社会人にとって、大きな問題の一つである“通勤時間”。
通勤ラッシュ時は座れないことも多く、あまりにも通勤時間が長くなるとそれだけで毎日の疲れが倍増してしまう、なんてことに……。
「時は金なり」とよくいわれますが、移動のための時間である通勤時間は、なるべく短い方がいいですよね。
ところが、日本リージャス株式会社が世界100ヶ国の2万2,000人以上の経営者や経営幹部を対象に行ったアンケートによると、日本人の通勤時間が過去に比べ増加しているという結果が判明したのです。
http://nikkancareism.jp/archives/4780

日本の通勤ラッシュは有名ですが、通勤時間の長さも日本人は世界平均よりも長いそうです。
世界の通勤時間の平均は32分30秒、日本人の通勤時間は平均39分6秒となっており、約13分程長いと言う結果になっています。
上記は片道の通勤時間ですので、往復で日本人は1時間18分を通勤時間に費やす計算となり、世界平均よりも26分長い事になりますね。
通勤時間は短縮しましょう
何度か通勤時間や通勤ラッシュ時間の満員電車を避けましょうと言う記事を書きましたが、実践している方は居るでしょうか。
スマートフォンやタブレットでニュースをチェックする63%、メールをチェックする56%、読書をする46%などが多くなっており、モバイル機器は手放せない様です。音楽や寝るなどよりも有効活用している人が多いのは意外です。
出張などの移動時間とは異なり、通勤時間は毎日費やす時間ですので、なるべく有効活用したい処ですね。