2014年転職者数290万人で4万人の増加、女性の転職者数は152万人で4万人も増える

転職者、5年ぶり高水準 14年290万人
転職者が増えている。総務省の労働力調査によると、2014年の転職者は290万人と前年より4万人増えた。増加は4年連続で、09年の320万人以来の高い水準となった。景気回復で求人が増え、女性を中心により良い条件の仕事を探す人が増えた。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS12H2D_S5A310C1EE8000/

総務省の労働力調査が更新され、2014年の就業状況が公表されました。
2014年の転職者数は290万人となり前年比4万人増し。
男女別では女性の転職者数は152万人で前年よりも9万人増加、男性の転職者数は139万人で4万人の減少となっています。
前職の退社理由は、より良い条件の仕事を探すためが最も多く96万人、定年または再雇用のためが39万人、家事、通学、健康上の理由のためが20万人となっています。
女性の社会進出を促した結果が出てきたのでしょうか、9万人もの転職者は多いですね。
女性転職者の年齢別では、35~44歳が4万人増、15~24歳が3万人増、45~54歳は2万人増となっており、若い方を中心としてより良い条件の企業へ転職した事になります。
雇用情勢もご存知の通りとなっており、求人募集も相変わらず多いです。
非正規雇用が56万人も増加していますが、完全失業率、完全失業者の人数も減少していますので再就職や再雇用も多かった事が窺えますね。