清水建設、大林組、前田建設はベースアップ実施で妥結

大林組と前田建設/2年連続ベア実施
 大林組と前田建設は、4月に2年連続のベースアップ(ベア)を実施する。今春のベアは、大成建設が社員組合に申し入れたほか、三井住友建設も実施を決定するなど動きが相次いでいる。好調な業績を背景に、大手・準大手ゼネコンではベアや一時金など賃金の引き上げに前向きな会社が多く、今後も同様の発表が続きそうな気配だ。
http://www.kensetsunews.com/?p=45564

大成建設はベア実施でしたが、清水建設、大林組、前田建設もベースアップ実施の様ですね。
清水建設は正社員約8000人を対象とした平均2%のベースアップ、15年ぶりのベア実施となり、賃上げ率は約2万円程。
大林組は国内子会社社員含む1万2700人を対象の1.2%のベースアップ、グループ平均月5500円、単体平均では月5900円の上昇。
前田建設は、基本給で一律5000円のベア、定期昇給も含め平均約3.7%約1万4300円の賃上げとなっています。