あおぞら銀行、八十二銀行、北陸銀行、北海道銀行、足利銀行、京都銀行、山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行などはベースアップ実施

大手金融機関の殆どがベースアップ妥結となっていますが、地方銀行もベア実施方針となっています。
あおぞら銀行は非正規社員を含めた約1900人対象の一律ベースアップ1.5%で妥結。
八十二銀行は組合員ら約3200人を対象としたベースアップ1%を実施方針、20年ぶりのベアとなる予定。
長野銀行、長野県信用組合もベア実施方針。
ほくほくフィナンシャルグループの北陸銀行と北海道銀行は平均0.5%のベースアップ、こちらも20年ぶりのベアとなる予定。
足利銀行は非正規社員含めた約4500人を対象としたベースアップ1%を実施する予定、やはり20年ぶりのベア。
京都銀行では全行員3580人を対象とした1.6%のベースアップを実施する予定、京都銀行もベアは20年ぶり。
山口フィナンシャルグループの山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行は1%のベースアップ実施を発表しています。