JALとANAの春闘はベア実施方針、7年ぶりと14年ぶりベースアップ

全日空、7年ぶりベア 日航は14年ぶりの見込み
全日本空輸が2015年の春季労使交渉で、賃金を底上げするベースアップ(ベア)を7年ぶりに実施する見通しとなった。組合員数最大の「ANA労働組合」が3500円のベアを要求したのに対し、会社側は全社員に一律1千円のベアを行うと回答した。日本航空も14年ぶりのベア実施で妥結する見込み。賃上げの動きが航空業界にも広がっている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13I8K_T10C15A3TJ2000/

航空業界にもベースアップが波及しており、ANAとJALの大手2社も久々にベアを実施する春闘となりそうです。
ANA(全日本空輸)では7年ぶりとなる一律1000円程度のベースアップ。
JAL(日本航空)では14年ぶりとなるベアを満額回答2000円の方針。
航空業界は、ここ最近本当に酷い状況でしたから、今回のベアは良いのでは無いでしょうか。
ANA労組は3500円の要求でしたので、交渉次第ではもう少し上がるかも知れません。