TOTOの2015春闘は満額回答、4000円程度で妥結方針

TOTO、ベア満額回答 海外好調、増額後押し
TOTOは今年の春闘で、賃金体系を底上げするベースアップ(ベア)について、労働組合の要求通り平均1・3%(4千円相当)分を実施すると労組に回答した。ベアは2年連続で、前年の平均1%(3千円相当)を上回る水準。労組は受け入れる方針だ。
http://www.asahi.com/articles/ASH3C436HH3CTIPE00H.html

2015春闘のニュースが多くなっていますが、TOTOでは労組の要求通り満額回答する方針となっています。
ベアは平均1.3%となる4000円程度で、前年の3000円程度を上回る賃上げを実施する予定。
TOTOは前回春闘で今年分も含めた交渉を行っていましたが、それに追加する形でベアを実施するそうで、これはちょっと嬉しいのでは無いでしょうか。