人手不足が深刻なデフレ勝ち組ゼンショー、王将、ワタミ

すき家に王将、デフレの勝ち組は従業員の“犠牲”に支えられていたのか
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1412/01/news047.html
人手不足が深刻な状況となっている企業が有る様です。
低価格を売りにデフレ化で勝ち組となっていた外食産業のゼンショー、王将、ワタミが挙げられています。
読んでみると、そもそも最初から人手不足なのですが…と言う事は置いておいて。
ワンオペと呼ばれる1人で店舗を運営したり、2週間家に帰れない、月500時間以上働いていたなどなどが有った様です。
その様な過酷な状況下でも他に働き口が無い為、渋々言われるがまま…と言う感じでしょうか。
しかしながら、ご存知の通り一気に雇用情勢は逆転し、一転売り手市場へと変化した結果、深刻な人手不足になったとの事ですね。
では現在の店舗はどうなのか気になりますね。
そもそも最初から人手不足で更に深刻化している訳ですから店舗数を縮小しなければ、残った従業員は更に過酷になり…危機的な人手不足へ。
この状況から建て直す訳ですので、経営手腕が注目ですね。