スティーブン・ホーキング博士が人工知能開発に警告、人類の終わりをもたらす可能性

英理論物理学者として有名なスティーブン・ホーキング博士が、人工知能開発に関して警告を発しているそうです。
現在様々なロボットが開発されており、そのロボットには人工知能が搭載されていますね。
このまま人工知能が賢くなると、人類が終わる可能性があるとの事。
これはホーキング博士でなくとも危惧している事ですが、彼が言う事でかなり現実味を帯びてきますね。
「ひとたび人類が人工知能を開発してしまえば、それは自ら発展し、加速度的に自らを再設計していくだろう」
「ゆっくりとした生物学的な進化により制限されている人類は、(人工知能と)競争することはできず、(人工知能に)取って代わられるだろう」
なるほど。
ターミネーターなのかマトリックスなのか分かりませんが…