日本企業の最終利益30.1%増、所得税と法人税の税収も想定以上の伸び

日本企業 7~9月期最終益30.1%増 円安奏功 米欧勢を上回る
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/141127/mca1411270500002-n1.htm
みずほ証券リサーチ&コンサルティングによると、日本の上場企業7~9月期の業績は30.1%増しとなり、欧米企業の集計を大きく上回っているそうです。欧州企業は12.1%増し、米国企業は10.1%増し。
海外進出と円安が影響しているとなっています。
企業が好調と言う事は当然税収も良くなります。
国の今年度税収、17年ぶり高水準となる公算大
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/141128/mca1411280500004-n1.htm
今年度の税収は、どうやら想定以上となっており、1兆円程上回る51兆円規模となる予定。
2014年度4~9月国の一般会計税収は、9.7%増の14兆8709億円、消費税除いたベースでも11兆4985億円の6.1%増し。
企業業績好調で法人税が23.1%増し、賃上げのため所得税6.6%増しと伸びています。
上回った分の税収は商品券の配布などの一部へ充てられる予定…
来年は法人税引き下げ、賃上げ続行、相続税増税などが有りますので、また変わります。