カゴメが20時以降の残業禁止制度導入、管理職が率先して帰る

新卒にも中途にも人気のある企業であるカゴメ。
トマトを中心とした大手加工食品メーカー、平均年齢40.1歳、平均年収754万円。
そんなカゴメが更に人気の上がりそうな制度を導入しています。
皆が気になる残業時間ですが、カゴメでは20時以降の残業を基本禁止とする制度を5月から導入しているとの事です。
対象は国内のオフィスや工場で働く約1600人、管理職から率先して帰るなど残業を徹底的に管理するとなっている。
さて、そんなカゴメの中間決算ですが、売上高0.9%減1028億円、最終利益43.6%減22億円の減収減益と苦戦中。
トマトブーム時が良すぎた感じもありますが、今回は消費税増税による駆け込み需要と円安による原材料価格の高騰が加わっています。
更に野菜ジュースが競合過多となっており、こちらも苦戦中。実は私も乗り換えてしまった…
しかし海外事業は好調となっており、こちらは増収。海外専用商品なども開発をしています。
国内ではカット野菜へ参入を始めており、意外と攻めるカゴメ。