大手総合商社の決算は住商と豊田通商以外は好調、非資源が伸びる

住友商事が大損失となっている中、大手総合商社5社は好調となっています。
三菱商事は15%増の2551億円、三井物産は9.3%増の2227億円、伊藤忠商事は1%増の1522億円、丸紅は17%増の1302億円、その他に双日は20%増の167億円、豊田通商は微減。
エネルギーが重しとはなったが、非資源が伸びた様子。
住商以外は通期業績予想も達成できるとコメントしていますが、伊藤忠は下方修正していますね。