国内自動車メーカー各社の中間決算は、ダイハツ以外は増収増益の過去最高

自動車メーカー各社が中間決算発表を行い、ダイハツを除く7社が増収増益となった様です。
その内、トヨタ、マツダ、スズキ、富士重、三菱自動車は営業利益・純利益ともに過去最高を記録。
売上高でもホンダ、日産自動車、富士重工業が過去最高となっています。
ダイハツは国内販売中心ですので円安の影響は殆ど無かった様ですね。
いすゞや日野など商用車メーカーも、国内販売は好調だが海外は微妙。
何れも株高・円安の影響が大きかったので、消費税増税を控えた各メーカーとも今後の見通しは暗いとコメント。
特にホンダ、マツダ、富士重、三菱自動車は目標台数を下方修正している様です。
海外メーカーでは、BMWやVWは営業利益は増えたものの純利益は減。
そんな中、販売が好調となっているのがダイムラー。
売上高は10%増しの約4兆4845億円、純利益は48.7%の約3822億円となっている。
メルセデスベンツが中国・アメリカ・イギリスで売れた様です。