JRグループ各社の中間決算は良い結果、新幹線などが好調

リニア「名-阪」開業、前倒しも…JR東海社長
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141029-OYT1T50130.html
JRグループ各社が2014年9月中間決算を発表していますが、何れも良い結果となった様です。
まずJR東日本、従来予想は9%減の1230億円でしたが、微増の1360億円となり当期としては過去最高。
JR西日本は47.6%増の544億円、JR東海は4.7%増しの1670億円となり、何れも当期としては過去最高。
JR四国は1.5%増しの34億4700万円、JR九州は43.6%増しの127億円となり、こちらもやはり過去最高。
そして最後はJR北海道なのですが、27.2%増の134億7700万円とやはり過去最高となりました。
基本的に、ここ最近の株高・円安が影響していると思いますが、新幹線は非常に好調だった様ですね。国内旅行が多かったと考えて良いでしょう。
それ以外としては不動産関連事業が良かった様です。
JR東日本・西日本は北陸新幹線、JR東海はリニア中央新幹線、JR九州は東証1部上場など様々な事が控えて居ますので、今後も注目ですね。