残業時間が長い仕事・職種ランキング、コンサルタントは楽じゃない?

最近では長時間労働のブラック企業が表面化しており、求人広告に残業時間を明記している企業が増えていますね。
特に中小零細企業では知名度が無い分、そう言った部分で企業アピールをしなければ求職者も応募しない時代なのでしょう。
履歴書や職務経歴書を事細かく書く様に指定しておいて、自社の求人広告は殆ど書いていない所がありますが、例え平均残業時間でも、書かれている・無いでは、応募者の心理は全く異なると思います。
経験者で有れば大体の残業時間は分かると思います。しかし、同業界異職種、異業界同職種での転職時には分からないと思います。
ヴォーカーズの口コミを参考にした、残業時間が長い業界・職種のランキングがダイヤモンドに掲載されていますので見てみましょう。
http://diamond.jp/articles/-/55343

残業が多い業界ランキング

1位 コンサルティング、シンクタンク 83.5時間
2位 広告代理店、SP、PR、デザイン 78.6時間
3位 建築、土木、設計、設備工事 70.8時間
4位 放送、出版、新聞、映像、音響 66.1時間
5位 不動産関連、住宅 64.8時間
6位 インターネット 63.36時間
7位 フードサービス、飲食 62.03時間
8位 情報サービス、リサーチ 58.43時間
9位 証券会社、投資ファンド、投資関連 57.47時間
10位 住宅設備、建材、エクステリア 56.59時間
11位 ゲーム関連、玩具 53.71時間
12位 印刷、紙・パルプ、書籍、パネル 53.05時間
13位 SIer、ソフト開発、システム運用 52.66時間
14位 人材、コールセンター、業務請負 50.7時間
15位 理容、美容、エステティック 49.64時間
16位 教育・研修サービス 49.07時間
16位 インテリア、雑貨、文具、スポーツ 49.07時間
18位 食品、飲食 48.99時間
19位 旅行、ホテル、レジャー、旅館 48.84時間
20位 総合商社 48.72時間
21位 監査法人、税理士法人、法律事務所 48.57時間
22位 鉄鋼、非鉄金属 47.71時間
23位 重電、産業用電気機器、プラント関連 47.45時間
24位 IT・通信機器(メーカー・商社) 47.19時間
24位 コンピューター、通信機器、OA機器関連 47.19時間
26位 医薬品、医療機器(メーカー・商社) 46.32時間
27位 医薬品、医療機器 46.32時間
28位 通信、ISP、データセンター 46.19時間
29位 生命保険、損害保険 45.7時間
30位 機械関連 45.52時間

残業が多い職種ランキング

1位 戦略コンサルタント 86.29時間
2位 マーケティングコンサルタント 85時間
3位 CIO、CTO 80時間
4位 プロデューサー、ディレクター(その他) 72.89時間
5位 組織・人事コンサルタント 71.44時間
6位 施工管理(建築・土木・設備・プラント) 71.23時間
7位 業務プロセスコンサルタント 67.74時間
8位 インベストメントバンキング・コーポレートファイナンス 67.06時間
9位 プロデューサー、ディレクター(WEB・モバイル・ゲーム関連) 66.22時間
10位 金融商品開発 66.15時間
11位 パイロット 63.33時間
12位 物流コンサルタント 61.67時間
13位 財務・会計コンサルタント 61.38時間
13位 セキュリティコンサルタント 61.38時間
15位 CFO 61.11時間
16位 デザイナー(その他) 59.99時間
17位 投資研究・アナリスト・エコノミスト・ストラテジスト 59.23時間
18位 店舗開発・FC開発・店舗管理 59.14時間
19位 設計(建築・土木・設備・プラント) 58.94時間
20位 研究・開発(医療用具・医療機器) 56.67時間
21位 広報・広告宣伝 56.26時間
22位 ネットワークコンサルタント 56.04時間
23位 法人営業 55.94時間
24位 営業マネージャー・営業管理 55.89時間
25位 DB構築・設計エンジニア 55.43時間
26位 その他クリエイティブ系 55.23時間
27位 販促 54.51時間
28位 会計士・税理士 54.12時間
29位 その他専門職系 53.66時間
30位 プロジェクトマネージャー(汎用系) 53.21時間
業種・職種の求人募集一覧ページ
この様な口コミ結果となっており、コンサルタントは軒並み長時間残業となっています。
企業によっても変化しますが、大体の目安として参考にしてみると良いでしょう。