Appleが音楽配信サービスのビーツ・ミュージックと音響機器ビーツ・エレクトロニクスを約3000億円で買収

Appleはここの所、他の企業と同じ様に買収戦略を加速させていますが、先日はビーツを買収しています。
音楽配信サービスのビーツ・ミュージックと、音響機器ビーツ・エレクトロニクスが対象になり、計約3000億円と言う高額買収となっています。
この3000億円と言う買収額は、Appleにとって過去最高の買収額との事。
ビーツと言う企業は、これまでの音楽配信企業とはちょっと異なり、アメリカのヒップホップ界で活躍するDr. Dreとジミー・アイボンの2人が立ち上げた会社。
今回Appleが買収した事で、2人はAppleに移籍する。
Dr. Dreとジミー・アイボンを迎え入れる事で、音楽配信権利に関する交渉をスムーズに進めると見られています。
ティム・クックが、ジョブズとディズニーの様な関係を築けるかが注目となりそうですね。