春闘によるベア実施状況、上場企業名などを発表

上場企業の46%がベア実施 今春、経産省調査
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC30003_Q4A530C1EAF000/
昨年から今年にかけて、春闘によるベア実施が話題となっていますが、今年の春闘によるベア・賃上げは多くの企業が実施をしている様ですね。
経済産業省が東証1部上場企業1762社を対象とした調査を行い、回答のあった企業927社のベア実施状況を企業名含めて中間集計結果を発表しています。
全体平均としては46.7%がベア実施をしており、ほぼ半数の企業が何らかの賃金改善を行っていますね。その内7割以上が6年ぶり以上のベア実施、中には創業以来始めてベア実施が10社あります。
有名な企業などはニュースなどで妥結額なども分かっていますので、逆に賃金改善などを、この2年間行わなかった・逆に引き下げた企業を見て行きましょう。
大末建設
GCAサヴィアン
エス・エム・エス
双日(今年は交渉中)
ハニーズ
ミタチ産業
ダイソー(今年は未定)
ネクシィーズ
エーザイ(今年は未定)
キッセイ薬品工業
大塚ホールディングス
東計電算
ウェザーニューズ
ファンケル
東洋炭素
品川リフラクトリーズ
中山製鋼所
エス・サイエンス
アクセル(年俸制の為、回答無し)
足利銀行(今年は未定)
ハイデイ日高
伊藤忠商事
三共生興
阪和興業
伊藤忠エネクス
モスフードサービス
北越銀行
清水銀行
琉球銀行(今年は未定)
長野銀行
サンリツ
スクウェア・エニックス(年俸制の為、回答無し)
元気寿司
グルメ杵屋
2年間、賃金・待遇改善無い企業は上記の通りとなっており、2年間となると、流石に少ないですね。
中には年俸制なので回答無しもありますが、年俸制・能力給でも記載している企業もあったりと事情が分かりやすい。
企業名の隣には現在の経営状況なども記載されていますので、何気にデータとして役に立つかも知れませんね。
最終的な集計結果は8月頃となりますので、結果が出たら、また見て行きましょう。