アルバイト時給が上昇中も人手不足の飲食・サービス業

アルバイト時給、ここ数か月「最高値」記録 外食産業の人手不足深刻、1000円でも確保できない
http://www.j-cast.com/2014/04/07201440.html
前回記事の1週間で辞める新入社員が流れてくるのがアルバイト。
そのアルバイトですが、ここ最近平均時給が上昇中だそうで、首都圏では時給約1000円がボーダーラインとなっている。
飲食・コンビニ・物流・清掃と言った業種が挙がっており、求人件数も多くなっている様子。
リクルート調査では、ホールスタッフ・4万件超、調理師・3万1000件、コンビニスタッフが約1万8500件となっており、この3職種だけで約9万件の求人数となっている。
しかし、最近は外食・サービス業界を敬遠する若者が多い様で、人手不足に陥っているとの事。
ある居酒屋では、採用後2週間辞めなかったバイトに一時金を支給、前借りも許可など企業側も何とか人手を確保する手段を考えているらしい。
時給1000円が高いか安いかは置いといて、接客自体が苦手なのですよね最近の方は。そろそろ接客サービスを行わない店が流行っても良い頃でしょう。
あるカフェチェーンなどは、殆ど接客しない店舗もありますから、一度行って見ては?
いらっしゃいませ、機械で入れて、勘定済ませてごゆっくりどうそ、ありがとうございました。時々テーブル拭く。それで時給1000円なら高い方だと思いますけどね。