大塚食品が190人の早期希望退職者を募集

大塚食品が希望退職 正社員の4分の1
 レトルト食品「ボンカレー」などを手掛ける大塚食品(大阪市)が正社員の4分の1にあたる約190人の希望退職者の募集を始めたことが1日、分かった。
 同社が希望退職を募るのは初めて。業界の競争激化に加え、少子高齢化で国内市場の伸びが期待できないことから、経営の効率化が必要と判断した。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140301/biz14030114340031-n1.htm

女性役員や取締役など初の試みがある中、大塚食品が初の早期希望退職者を募集しています。
大塚グループの食品メーカーで、ボンカレーを主力としたレトルト食品が有名ですね。
希望退職の対象となるのは、40歳以上60歳未満の正社員、既に募集開始しており、3月末日付けで退職なる。
早期希望退職者には、退職金上積みと再就職支援を行う。
同業界は競争が激化しており、それに対する経営の効率化が目的となっています。