ユニ・チャームが妊娠出産予定の新卒女性入社時期延長制度を導入

30歳まで入社延期も ユニ・チャームが女性社員確保で新制度 妊娠・出産予定など考慮
 ユニ・チャームは27日、妊娠や出産予定がある新卒の女性社員の入社時期について、最長30歳まで延期できる制度を導入すると発表した。来年4月入社の新卒採用から適用する。育児を20歳代に済ませ30歳代でキャリアアップに専念したい女性社員や、妊娠や出産予定があるため志望を断念したり不安を感じている就職活動中の女性に対応する。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140227/biz14022717500043-n1.htm

ユニ・チャームが、新卒入社の女性社員を対象とした新制度を発表。
その制度はFresh-Mom Recruitmen制度と呼ばれ、入社前に妊娠し出産予定がある新卒女性社員を対象とした入社時期延長制度。
子供の人数にかかわらず、最長30歳まで延長可能で、2015年4月入社の新卒採用から適用となる。
ユニ・チャームの新卒採用人数は約60人を予定しており、その内3分の1である約20人が女性と想定。
何も驚く事はありません、要は妊娠出産・育児休暇の前倒し制度です。
ユニ・チャームは女性社員が多いですから、今後の人材育成の一環として就職での結婚・出産・育児に関する不安を払拭、更に、その育児経験を活かして同社製品へのフィードバックも狙い。
ユニ・チャームでは以前に、妊娠・出産を理由に入社を辞退した方が居たそうで、その後この制度導入を検討していたとある。こうやって人事が機能している方がアピールポイントですね。
もちろん新卒だけでなく、ユニ・チャームでは育児休暇制度も揃っています。同社にとって育児経験者は非常に重要ですからね。今後は介護休暇でも何らかの制度を作るかも知れませんね。