スターバックスコーヒージャパンと日本郵政が契約社員を正社員登用へ

少し前にANAが客室乗務員、事務・技術の総合職を対象とした、契約社員採用から正社員雇用への切り替えがありましたね。既に入社している方も順次正社員登用する事は先に発表していました。
そのANAに続いて、今度はコーヒーチェーン大手である、スターバックスコーヒージャパンが、契約社員800人ほぼ全てを正社員登用する事を発表。
さらに、日本郵政が契約社員4700人を正社員登用する事を発表しています。こちらは最近話題の限定正社員制度を活用することになる。
求人募集が増え、女性管理職も増加、正社員登用も進む、外堀が埋められてきましたね。
人材不足気味の業界は、こうやってニュースを作ると良いかも知れません。