女性が働きやすい企業、年収1000万円以上に聞いたランキングは?

平均年収1000万円超のビジネスウーマンが選ぶ「女性が働きやすい企業」
1位 資生堂、2位P&G、3位 ベネッセ
女性管理職の登用も多く、制度が浸透している企業が上位に
会員制の転職サイト「ビズリーチ」などインターネット事業を企画・運営する株式会社ビズリーチ(所在地:東京都 渋谷区 代表取締役:南 壮⼀郎)は、ビズリーチ会員である⼥性のビジネスパーソン463人に、女性が働きやすい企業に関してアンケートを実施しました (回答者は平均年収1060 万円、平均年齢43歳、女性ビジネスパーソン)。
https://www.bizreach.jp/content/service/pressrelease/20131008/

女性の社会進出を後押しする形で、最近女性が働きやすい企業のランキングが幾つかありますね。
以前にも東洋経済がこんな事を発表していました。
■女性役員・部長など管理職が多い企業ランキングを発表、ニチイ学館やベネッセ、NECや富士通
今回はビズリーチが、年収1000万円以上の女性社員に聞いた結果を発表しています。

年収1000万円以上の女性が選ぶ女性が働きやすい企業ランキング

1位 資生堂
2位 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン
3位 ベネッセコーポレーション
4位 日本IBM
5位 ワコール
6位 公務員(大学職員含)
7位 リクルートホールディングス
8位 Google
9位 ジョンソン・エンド・ジョンソン
10位 日産自動車
この様な結果となっており、資生堂が最も女性が働きやすい環境の企業と答えた方が多いようです。
理由としては以下の通り。
1位:資生堂
既に女性役員が生まれている上、女性の意⾒を取り⼊れようとしている。(50代 運輸/部長クラス)
役員の理解が浸透していると思う。(50代・メーカー/部⻑クラス)
2位:P&G JAPAN
女供を持つ女性管理職が多いイメージがある。合理的に仕事をしようとする雰囲気を感じる。(30代・メーカー/係長クラス)
女性が活躍する組織づくりに対するコミットメントをトップがはっきりと出しているから。(40代・メーカー/課長クラス)
3位:ベネッセコーポレーション
女性のライフステージの変化に対応できる働き方が環境として用意されているイメージがある。(40代・マスコミ/役員クラス)
育児休業やパートナーの転勤時にも柔軟に仕事や職場環境を変えてくれる制度が整っており、かつその制度が⼗分に浸透している。(40代・金融コンサルティング/係長クラス)
4位:日本IBM
女性だから、ではなく個人個人を非常に尊重する、真のダイバーシティが草の根レベルで根付いているため。(20代・マスコミ)
9位:ジョンソン・エンド・ジョンソン
様々な制度があるだけでなく、業績を能⼒と成果で評価する企業文化ができているため。(40代・IT/部長クラス)
女性の方は参考にしておくと良いかも知れませんね。
女性が働きやすい企業ランキングに関しては、以下のページも参考になると思います。
女性が活躍する会社ランキング100、企業の女性活用度調査を発表
女性が転職したい人気企業ランキング、職種と年代・未婚既婚別
女子学生の為のホワイト企業ランキング、昭和女子大が発表
女性管理職が多い業界と職種、ファッション業界平均年収など
経済産業省が女性が働きやすい環境の企業なでしこ銘柄とダイバーシティ経営企業100選を発表