経団連が審議員会議長・副議長、副会長の新任人事を発表

経団連の新任人事が発表されており、東レの榊原定征会長が経団連会長となった他、審議員会議長・副議長、副会長も正式発表となった様です。
経団連の新任人事は以下の通り。
会長 榊原定征(東レ会長)
審議員会議長 岩沙弘道(三井不動産会長)
審議員会副議長 村瀬治男(キヤノンマーケティングジャパン会長)、野路國夫(コマツ会長)、宮本洋一(清水建設社長)、伊藤雅俊(味の素社長)、岡本毅(東京ガス社長)、十倉雅和(住友化学社長)
副会長 中西宏明(日立製作所社長)、木村康(JXホールディングス会長)、鵜浦博夫(NTT社長)、古賀信行(野村証券会長)
5月7日の理事会を経て6月3日の定時総会で就任予定。
住友化学の米倉弘昌会長、日立の川村隆会長、コマツの坂根正弘相談役、NTTの三浦惺会長、中村芳夫経団連事務総長、三菱マテリアルの井手明彦会長、キヤノンの内田恒二相談役、味の素の山口範雄会長は任期満了で退任。
米倉会長は色々な意味で日本経済に影響を与えましたが、近年の経団連は影響力どころか存在感すら薄い。
榊原新会長はどうなるでしょうかね。