面接ではこういった不快な視線に気をつけよう

こんな視線は相手を不快にする―「視線に動きが多い人」「上目遣いで見る人」
世の中に「視線恐怖症」という病気があるように、視線というものが人間に与える心理的影響は計り知れないものがあります。知らないうちに誰かを不快にすることのないよう、どんな視線がいけないのかを知っておきましょう。
http://lifestyle.jp.msn.com/life/valuable/mynaviwoman/こんな視線は相手を不快にする―「視線に動きが多い人」「上目遣いで見る人」

面接では面接官の目を見るように、と就職サポートなどで言われていますが、私は以前書いたように意見がちょっと違います。
そんな中、相手を不快な気持ちにさせる視線の事が書かれた記事がありました。
視線に動きが多い人、上目遣いで見る人、横目で見る人、これらが相手を不快な気持ちにさせる目線となっています。
逆に、堂々と見る事が良いとなっていますが、やたらと相手をじーっと見つめすぎることはNG、会話の途中で相手がこっちを見る気配があったらサっと目を合わせたり、挨拶をするときにちゃんと相手の目を見たりするのは好感度大となっています。
これらは以前書いた事と同じで、目を見ればいいんでしょう?と言う事ではありません。
日本では他人の視線を非常に気にする傾向がありますので、目線に関しては面接や仕事場で注意する必要があります。
皆さんも採用担当者となれば分かりますが、本当に不快な視線を投げかけてくる応募者は多いです。
何故、その様な視線をするのか理解できませんが、卑屈と威圧は最も嫌われますので、面接ではなるべくネクタイ部分からの、主題で目合わし。説明でそらし、まとめで目合わし。
以上です、と共に笑顔で答えて見てみましょう。