平均年収データ2012をDODAが発表、全体平均年収は442万円、緩やかに下降気味

DODAが「平均年収データ2012」発表。平均年収は442万円、3年連続で下降
インテリジェンスは12月4日、運営する転職サービス「DODA(デューダ)」)」より、「DODA 平均年収データ 2012」を発表した。正社員の平均年収は442万円で、2010年以降3年連続でマイナスとなった。
同データは同社が展開する「DODA転職支援サービス」に、2011年10月1日~2012年9月30日の1年間に登録した正社員として就業するビジネスパーソン約10万人(20~59歳)を対象に実施。101職種にわたる年収データを集計した。
まず、全体を見ると20~59歳の平均年収(手取りではなく支給額)は442万円(平均年齢33歳)だった。昨年の446万円から4万円減少し、3年連続のマイナスとなっている。
リーマン・ショック前である2007年からの平均年収の推移を見ると、20代が343万円(2007年比マイナス24万円)、30代は458万円(2007年比マイナス43万円)。40代は608万円(2007年比マイナス62万円)、50代は754万円(2007年比マイナス48万円)だった。総じて5年前よりも大きく減少していることが明らかとなった。
http://s.news.mynavi.jp/news/2012/12/05/215/index.html

転職エージェントのDODAが2012年平均年収データを発表しています。
全体 442万円
50代 754万円
40代 608万円
30代 458万円
20代 343万円
この様な平均年収データとなっていますが、ここ最近は緩やかに右肩下がりという結果になっています。30代以下が非常に厳しい現状であることが分かりますね。
職種別の年収ランキングも公開されていますので、見て行きましょう。

職種別の年収ランキング

1位 投資銀行業務 986万円
2位 CEO 966万円
3位 運用(ファンドマネージャー・ディーラー・アナリスト)777万円
4位 経営企画・事業企画 683万円
5位 MR 656万円
6位 ITコンサルタント 655万円
7位 セールスエンジニア・FAE 633万円
8位 プロジェクトマネジャー 630万円
9位 コンサルタント 629万円
10位 マーケティング 584万円
みんなが転職を検討している企業ランキング
職種別年収ランキング2012年の結果は上記の様になっています。皆さん稼いでいらっしゃる様で何よりです。
やはり金融系の報酬形態だと、CEOよりも上回ってしまいますね。上位は殆ど金融系となっています。
ただ自分が低いからと言って、あまり気にしなくても良いでしょう。
これらは動かす金額が大きいため、報酬もそれなりに高くなりますので、事業規模によって差が激しくなります。
プレッシャーなど重圧やストレスも多いので、現状の環境に満足していれば特に羨ましがる事はない。
マーケティングが上位に来ているのは、重要視されてきたと思って良いのでしょうかね。
平均年収ランキングに関しては、以下のページも参考になると思います。
平均年収増減の安定と不安定企業ランキング
30歳平均年収と40歳平均年収ランキング
中堅・中小企業の平均年収、大手企業にも負けない?
給与の良い会社平均年収ランキング100社
業種別平均年収・生涯賃金ランキング2013
生涯給与が高い会社ランキング2012ベスト10
職種別平均年収と企業別平均年収ランキング(下)