10年後にも安泰な業界は?平均的スペックの男性は内需を狙うのが良いらしい

10年後も安泰な業界のカギは
シャープ、NECなど、大手企業によるリストラが相次いでいる。世界的企業が軒並み苦しむ今、もはや一生安泰な仕事はないように思える。この先、失業者やワーキングプアにならないためには身を置く業界の行く末を読み、もし先がないなら手遅れになる前に転職することも必要だろう。
では、例えば4大卒の25歳で、特に専門性のない平均的なスペックの男性をモデルとした場合、10年後も「食いっぱぐれない仕事」はどんなものが考えられるのか? 『10年後に食える仕事 食えない仕事』の著者でジャーナリストの渡邉正裕氏は「10年後はさらに経済がグローバル化し、日本企業は世界を相手に過酷な競争を強いられます。そこではよほど優秀でタフな人材でないと生き残れません。よって光明は外需より内需。それも、日本人のメリットを生かせる仕事です。例えば、ハウスメーカーや自動車ディーラーの営業マン。高額商品は特に信用やアフターサービスを考えて同じ日本人から買いたい顧客が多く、日本人の仕事として残り続けます。また、日本人の細やかなサービス力が強みとなるホテル、航空会社スタッフ、日本人同士ならではの深い信用とコミュニケーションが求められる人材紹介、ケアマネジャー、他にも日本人メリットの高い仕事はたくさんあります」と語る。
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20121115-00026836-r25

安定している企業、安泰な業界、こういった言葉が良く飛び交う新卒就職シーズンに入りましたね。
基本的に時代は変わるので、そんな企業を見つけることが難しい、生き残る企業が分かっていたら就職するよりも株を購入した方が良いでしょう。
そんな中、10年後も安泰な業界という記事がありました。
それによると、今後グローバル化が進み海外企業と熾烈な競争が始まり、普通の人は生き残るのが難しい。
その為、4大卒25歳男性で平均的スペックの人をモデルとすると、内需を狙った方が良いとなっています。
具体的には、保険証券セールスマン医者・弁護士・記者、生産管理職ホテルマン・美容師・CA、ビル・マンション管理士が挙げられています。
その他、ハウスメーカー自動車ディーラーの営業、人材紹介、ケアマネージャーなどがあるようです。
これらは日本人である事のメリットがあるようで、高額商品による信頼や細やかなサービス、日本語によるコミュニケーションが不可欠なのが理由との事です。
ふーん、と言う感じですが実際一理あります。特に10年後と言う近い将来を考えると現実的であるかもしれません。
英語の普及や外国人労働者の増加を企画している機関もありますが、中高齢者は基本的に日本語での会話を求め、日本人によるサービスを好みます。
介護や医療現場でも、外国人に世話になりたくないと文句を言う人までいる始末です。
すでに中高齢者層の人口比率は多くなっており、今後更に進んで行きますので、これらに対応するため国内産業に注力するのは間違いではないと考えます。
一方ではグローバル、また一方では内需産業と真逆パターンですが、そこまで深く考える必要はありません。
人間必要に迫られると意外と臨機応変に対応できますので、需要を見逃さないようにしなければなりませんね。
ただ私はこれだけをしたいんだ!と言う頑固な方は厳しい時代となるでしょう。