ソフトバンクがスプリント・ネクステルを約1兆5700億円で買収することを発表

イー・モバイルのイー・アクセスを買収し話題となったソフトバンクですが、今度はアメリカ通信キャリア3位スプリント・ネクステルを買収することを発表しました。
買収額は約1兆5700億円と高額で、これは過去でも非常に高い金額ではないでしょうか。
この買収によりソフトバンクはスプリント株を70%取得し経営権を握る事となります。
その他、クリアワイヤや5位のメトロPCSコミュニケーションの買収もする可能性があるとの事です。
ヴォーダフォン日本法人買収から始まったソフトバンクですが、これでソフトバンクグループは契約者総数約9600万件となり、2強の1つベライゾン・ワイヤレスと横並びになります。
完全にドコモを追い抜き世界展開を視野に入れ始めていますが、市場の反応は日米で両極端の反応となりました。
買収が発表されるとアメリカ市場では、スプリントとクリアワイヤの株価が一気に上昇したのに対し、日本市場ではソフトバンクとイー・アクセスの株価が一気に下落しストップ安の展開になりました。
スプリントは大企業とはいえ、AT&Tとベライゾンに離されておりLTE参入も遅れ気味、株価も低迷していたところに、巨額の買収となればそうなりますね。
一方ソフトバンクは高額買収を連続で行った事による反動が不安材料となりました。
ソフトバンクとスプリントは戦略的に似ており、それが買収に繋がったとされていますが、経営統合するのは非常に難しく相乗効果も直ぐには見込めないので売られたようです。
元々ソフトバンクはアップルiPhoneとiPadで伸びたキャリアで通信事態の評判はあまり良くありません。
そこにauのKDDIによるiPhoneとiPad参入で、ユーザー離れが指摘されていますね。
現状ドコモは独自路線ですが、iPhone導入と方針転換したらソフトバンクは危機に陥る可能性は否定できません。
ドコモもAT&Tと提携しご破算した過去を持っており、ソフトバンクよりドコモの動向に注目したい。
潰しに来るか、独自路線を貫くか決断はお早めに。