防衛省がサイバー専門部隊にハッカーを採用する可能性

中国からのサイバー攻撃が多くなってきていますが、防衛省がハッカーをサイバー専門部隊に採用する可能性が出てきました。
これまで経済産業省がハッキング大会やセキュリティキャンプなどを開催しており、そこに参加した有能なハッカーを発掘していますので、彼らを採用する確率は高くなりそうですね。
何度かこの様な事を書いてきましたが、ようやくと言った感じでしょうかね。
しかし、こうやって大々的にハッカー採用を公にしていますが、実際雇用するかどうかは秘密にしておきましょう。
アメリカやイギリスでは、ちょっと変わった方法でハッカーを募集しており、ここら辺も参考にしてみるのも良いかもしれない。
このサイバー専門部隊も先日発表されたばかりですので、課題は山積みですね。