日本航空が9月19日東証へ再上場、株価3500円~3790円で市場調達額は6630億円

日本航空であるJALが、東京証券取引所に9月19日再上場することが決定したようです。
市場調達額は6630億円で、売り出し株価は3500円から3790円、売り出し株数は1億7500万株となっています。
この調達額は、Facebookに次いで今年2番目の高額となっています。
JAL日本航空の業務企画職(地上職事務系)の求人
この額は、公的資金投入で使用された金額を越えており、上手くいけば余裕で返済できる事になります。
2兆3200億円という莫大な負債を抱え経営破綻したJALですが、史上最速での再上場となります。
無駄な支出を根こそぎカットした結果で、トップも生え抜きを抜擢。
新たな出発として再上場しますが、航空業界は前途多難であることは否めません。
LCCにも進出しており、今後の展開に注目ですね。