インテリジェンスのDODAで太陽光発電事業に特化した派遣や教育を実施

太陽光発電など再生可能エネルギーへの転職や就業を考えている人もいるでしょう。
そんな中、人材サービス大手のインテリジェンスが、自社サイトDODAで太陽光発電事業への専門的な派遣や教育を実施しているようです。
太陽光発電事業への就業を希望する人材を同社が社員として雇用し、独自の研修で基礎や電気工事、設置工事などの実務を学んでもらう。それら人材を設備の営業から施工管理・保守まで一貫支援する業務や、設備障害時に技術相談に応じる業務などに派遣するビジネスとあります。
DODAは当面の人材確保を100名としているそうですね。
その他に将来的には、風力やバイオマス、またはスマートグリッド(次世代送電網)向け人材を育成する構想も温めるとしています。
電力事業に関わる仕事をしたい方は検討してみても良いでしょう、無駄にはならない。
なぜならご存じの通り、電気というインフラは必要な訳で、それらを整備し運用しなければなりませんので、人材はどうしても必要になります。
しかし、記事にある通り、普及すればするほど電気料金が値上がりする可能性もあるのも事実。
だからと言って再生可能エネルギーが無くなるわけではない。
ドイツなど他国の失敗を鑑みて、日本ではどのように成功に導くかが肝ですね。
今後はいかに電気料金を押さえるか・・・用は電力消費を減らし、効率良く発電できる仕組みを考える方向になると考える。
ソーラーパネル置いて、はいサヨウナラでは、それは無謀だ。