JAL再上場に自民党は反対らしい

経営再建中のJALですが、年内にも再上場する可能性が示唆されています。
2年ぐらいでしょうか?非常に早い再上場となりましたね。
しかし、そのJAL再上場に自民党は反対決議を唱えているようです。
どうやら地方路線を廃止したことが気にくわないようで、ANAと公正に競争をさせるべきと言っているようですね。
JAL日本航空の業務企画職(地上職事務系)の求人
何だかまたも航空業界に政治が関与しそうな感じですが、元はと言えばJALが巨額の赤字に陥ったのは地方路線などの不採算事業とエアバス合併、そして高すぎる給料と待遇。
そこには国土交通省が見え隠れしているのは否めない。
経営陣を刷新し給料や待遇の見直し、不採算事業からの撤退をしたJALは、ここのところ黒字転換しております。
このまま順調に再上場とは行かなそうだ。
地方路線を復活させるにしても、巨額投資だけはやめておいた方が良い。
バフェット氏も航空業界で痛い目を見ており、なかなか難しそうだ。