NTTの定年延長で若者の昇給率を低下させる方針を固める

大手通信のNTTですが、先日65歳まで定年延長することを決定したようです。
公務員もたしか定年を延長しましたが、NTTも続いたようですね。
NTTはこれまで60歳時点で定年退職か再就職の選択性でしたが、今後は65歳まで一律引き上げるとの事です。
そうなるとその分人件費が嵩むわけですが、そのお金をどこから出すかと言うと、何と若者の昇給率を引き下げて作り出すらしいから驚きです。
これは若手のモチベーションが下がりますが、株主総会でも批判を受けていますね。
なぜ定年延長するかと言う質問には、東日本大震災の時にベテラン技術者が足らなくなったかららしいが、自ら教育制度の不備を露呈してしまったようだ。
NTTとあるのでNTT法を改正するとしたら、グループ全体で高齢化となる可能性がありますね。
しかもNTT東日本は女性管理職を増やすと発表しており、男性の若手社員が消えるかもしれない。
リクナビの技術職求人
@typeの技術職求人
50代では年収で100万円以上減少するとの事なので、転職を早めに考える人も多そうだ。
しかし、NTTという看板の元で働いていた技術者が他で通用するとは限らない。