エルピーダメモリの支援先企業は、アメリカのマイクロンに決定

会社更生法で経営再建中のエルピーダメモリですが、先日買収先が決定しました。
アメリカの大手半導体メーカーのマイクロンが、エルピーダの支援先企業、所謂スポンサーとして管財人は選んだようです。
マイクロンの設備投資を含めた支援総額は約3000億円にもなると言われているようす。
エルピーダの買収に当たっては、東芝や韓国・中国メーカーなども名前がありましたが、工場増強などの提案があったマイクロンが優位に立ったようですね。
これで買収の件は一先ず終結で、今後両者の相乗効果がどれ程あるかが注目ですね。