アサヒが味の素からカルピスを買収、その額何と1000億円

ビールがカルピスと混ざるかもしれないニュース。
アサヒグループホールディングスが、味の素所有のカルピスを買収する事が分かりましたが、その買収額が1000億円になるとの予測がでています。
これは非常に驚きの買収となりましたね。
アサヒグループホールディングスと言えばアサヒ飲料ですが、このカルピス買収によって飲料業界第3位になります。
飲料業界トップは日本コカ・コーラグループの約30%、2位のサントリー食品の約20%となっており、アサヒ飲料の約12.4%が続く事になる。
どうも味の素はカルピスを買収したものの相乗効果が見込まれず、売却資金で海外展開への足がかりとするようです。
アサヒ飲料はビール事業が伸び悩んでおり、ビール事業脱却の為六甲のおいしい水、六条麦茶、シュウェップス・オーストラリアなども買収している。
今回のカルピス買収で、アサヒがカルピスブランドをどう利用するのかが注目されるところですね。