ゴールデンウィークなど長期休暇連休は五月病に気をつけろ

新卒に限らず入社1、2年目の新入社員に多いのがゴールデンウィークなどの長期休暇や連休で五月病になってしまう事です。
4月から新生活をスタートする人が多く、仕事を覚えたり環境の変化でストレスをかかえ、その疲れが一気に襲ってくるのが最初の大型連休ゴールデンウィークです。
最悪の場合、うつ病などにかかってしまい会社へ行く事ができなくなる恐れがある為注意が必要です。
五月病に対する私なりの注意点を挙げていきますので参考にしてみてください。
■連休中も規則正しい生活を心がける
休みに入ると、どうしても夜型の生活になる人がいます。夜更かしをしてパソコンや長電話、そしてゲーム・・・
食事も定食からコンビニで買ったお菓子に変わり、一気に不規則になります。
寝て起きてゲーム、パソコンそしてまた寝るといった駄目人間になる恐れがありますので、しっかりと体内時計を保持する事が先決ですね。
連休終わりに寝れずに遅刻や徹夜、最悪無断欠勤になります。
■遊び過ぎない
友人たちと新生活について話をする事は悪い事ではありません。しかし連休中に就職前の意識に戻ってしまい辞めたい衝動にかられる事になるので注意が必要です。
仕事について話す内に自分の職場環境と比較してしまい、嫌になってしまうケースが多々あります。
実際は他の人も苦労しているのに、隣の芝生は青いとあるように、勝手に勘違いをしてしまいます。
遊ぶのは結構ですが、仕事の話は極力避けた方が無難です。思っている事は皆同じです。
■旅行・カラオケなどでストレス発散
リフレッシュに必要なのは寝る事ではありません。身体を動かす事です。
旅行は非常に有効で、宿の時間もあるので規則正しくできますし、観光地は基本歩きますので適度な運動や気分転換にちょうど良いです。遠出をしなくても近場の観光スポットは混雑していますので、適度な疲労感で寝ることができるでしょう。
カラオケ何かもいいですね、歌を唄うのはストレス発散に丁度良いです。愚痴を言うより歌いましょう。
■連休後の最初の仕事を考えておく
休みだからといって仕事の事を忘れて良い訳ではありません。
なぜなら皆が休みな訳ではなく社会は動いています。取引先が営業している会社もあるでしょう。
そういった場合、休み明け初日は膨大なメールと問い合わせに忙殺される事がありますので、注意しましょう。
そうでない場合も、スムーズに仕事に入る為に、ある程度の目安をつけて置くとやり易いです。
大体こういった感じなので参考にしてみてください。
一番重要なのは最初の規則正しい生活を心がけると言う事です。
経験則で言うと、ゲームやインターネットが好きな人はコレで躓く人が非常に多いです。
2番目の友人というのは、何も学生時代の友人に限りません、こちらもゲーム上やパソコン上での「お友達」に注意しましょう。
3、4番目も私は非常に有効に利用していますのでお試しください。
ゴールデンウィークに限らず、夏休みやシルバーウィーク、年末年始などにも当てはまります。
こういった長期休暇から脱落する人が多いのも肝に銘じておきましょう。