人脈の広げ方や作り方は様々

人脈が大事だと言う事が分かった所で、今度は人脈の作り方や広げ方などを考えて見ましょう。
人脈が広い人は元々そういった素質があり、多くの知人や友人が高校や大学時代からいたりしますが、大概の方はそうではないと思います。
では、どうやって人脈が広がっていったのでしょうか。
単なる遊び相手が欲しいなら誰でも良いでしょうが、そうではないですよね。
基本的に多いのは職場に出入りしている関連業者や外注先、プロジェクトを一緒に行った担当者、会社の同僚などから派生して人脈を作っていく事が望ましいでしょう。
得意先や取引先も人脈作りに重要な位置を占めていますが、対等な関係で無い場合せっかくのコネクションが台無しになる可能性がありますので注意が必要ですね。
友人に関しても同様のことが言え、普段からビジネスの話をしているなら相手も分かっているでしょうが、そうではない場合お互い気まずくなります。
多くは名刺交換から始まり、フェイスブックなどのSNSやメールで交流するのが一般的ではないでしょうか。
昔ならお歳暮・お中元、年賀状などが時代と共に変化してきたと言っていいでしょう。
挨拶しかしない程度で人脈作りとは言えませんし、それ以上広がる事もありませんで、しっかりとコミュニケーションをとるのは基本です。だから元々ビジネスでお付き合いのある人とは仲良くなっておいた方が話しやすいのです。
フェイスブックに登録している人と仲良くなると、企画イベントなどで誘われますので、そこから人脈を広げるのが良いと思います。
一人でもイベント企画に積極的な人と名刺交換やフェイスブックを教えておくといいですね。
イベントパーティーに参加した場合は名刺は必ず持参してください、スマートフォンでもいいですね。
これで人脈の作り方と広げ方は全部ではないですし、もっと良い方法があるのかもしれません。
例えば店の常連になって他のお客さんを紹介してもらったりとかは、知人がやっていましたね。歯医者などと知り合いになってました。
最初の方法はそれぞれ違いますが、作り方広げ方は基本的には同じで、積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。
難しいと思う方は、企業が主催する異業種交流会やイベントに参加するのも一つの手段です。
婚活パーティーばかりが注目されますが、こういった異業種交流会も行っていますので活用してみてください。
こういったイベントで知り合った方と後々SNSで交流し、多くの方と繋げていく事は同じですね。
何も行動しないのはお金の無駄なので異性でも同性でも必ず名刺交換はしてください。
人と関わらない仕事を求めている人には、人脈は必要ないと思いますが、現実は結構厳しいですよ。
ストレス発散でも良いので、取り敢えず出かけましょうね。