ソニーリストラの裏で過去最大5200億円の大赤字だった事が判明

ソニー、昨年度の最終赤字を5200億円に大幅下方修正
 ソニーは10日、昨年度(2012年3月期)の連結業績予想を下方修正し、2月時点で2200億円の赤字を予想していた最終損益が、過去最悪の5200億円にまで膨らむと発表した。米国でテレビ事業などの不振が続き、「繰延税金資産」に対して巨額の損失計上を迫られたため。
 繰延税金資産は、将来の利益計上を前提に、払いすぎた税金の戻りを見込んで計上する資産。ただし赤字が続くと税金が戻らず、損失となる。
 ソニーは前の期(11年3月期)の連結決算でも繰延税金資産を約3600億円取り崩しており、700億円の最終黒字予想が一転して2600億円の赤字に転落した。
 ソニーは今回の業績予想修正で、売上高、営業損益などは従来予想を据え置いた。また今年度(13年3月期)の営業損益は、昨年度の赤字950億円から一転して1800億円の黒字に転換するとの予想を公表した。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120410/biz12041017060012-n1.htm

一万人のリストラと人員削減を発表したばかりのソニーですが、その裏では5200億円という過去最大の大赤字だった事を加藤優最高財務責任者CFOが発表しました。
アメリカでの赤字がかさんだようで、中でもコンシューマーエレクトロニクス事業は非常に厳しい状況だと語っていますね。
要は家電やゲーム機器が売れないわけですね。
国内ではソニーブランドと言う事もあり、そこまで酷い状況ではないが、海外を含めると非常に厳しい状況と言えるでしょう。
リストラなど人員削減について報道されてはいるが、会社としては発表していないらしくコメントは控えていますが、どう考えてもこの大赤字によって人員大幅削減となるのは間違いない。
こんかいの赤字で自己資本も3000億円ほど飛んでいくので、エクイティファイナンスで新株発行を伴う資金調達を行う可能性も検討しているようだ。
かなり厳しい状況ではあるが、ここは故スティーブ・ジョブズを真似しても良いかもしれない。
人員削減でスリム化するのは分かりますが、ジョブズは製品ラインナップのスリム化を図り成功しました。
ソニーも多くの事業に手を出しすぎて収集がつかない状況なのではないでしょうか。
事業自体を潰さなくても、収益が見込める分野の開発に注力すれば、再度ソニーブランドは認知されると思うのですがね。