初音ミクの関連ビジネスや消費額が徐々に増加しているようだ

初音ミク…申し訳ないのですが全く分からないんですよね…名前は聞いた事あると思うのですが。
 「初音ミク」は2007年8月、メロディーと歌詞を入力して女性ボーカルの音声を合成するソフトとして、音楽・ITベンチャーの「クリプトン・フューチャー・メディア」(札幌市)が発売した。基礎部分には、ヤマハが開発した音声合成システム「VOCALOID(ボーカロイド)2」を利用している。
とありますので、ボーカロイドではない訳ですよね。
そのボーロイドのシステムで作った曲を、アイドルとしての初音ミクに歌わせるという感覚なのでしょうか。
声と踊りなどで、あたかも初音ミクが歌っているかの様に見せているとの事ですが、制作した会社がベンチャー企業のクリプトン・フューチャー・メディアという会社らしいですね。
このクリプトン・フューチャー・メディアが著作権に寛容なのも普及の一因らしいですね。
しかし、一番驚いたのはコンサートを行っているらしい…どういう事なのかと思ったら、そのままだった。
CMなどでも曲が流れているようですが?う~ん不思議な感じがしますが、どういった展開になるのかは面白そうですね。