大卒のエリートとFラン大学とブラック企業の関係性

もはやブラック企業という言葉は一般的になったと言えますね、それほど劣悪な職場環境の会社が増えていると考えて良さそうです。
大学が少なかった頃は、大卒というと一流企業に入り、ゆくゆくは管理職や経営陣に抜擢される所謂エリートだったようですが、最近では大学の数が増え進学率も高いため、大卒を一括りにはできなくなっています。
特にFランク大学と呼ばれる偏差値が低い大学の就職は非常に難しくなってきており、記事の通りブラック企業に入ってしまうケースが増えているようです。
では東大や京大などの国立大学上位や早稲田、慶応などの新卒学生はどうなのかと言うと、これまた人によって異なっているとあります。
大学に入学して終了してしまう人もいれば、大学で目標を見つけて邁進している人も居る訳で、大卒全員が優秀では無いのはご存知の通りですね。
しかし、Fランク大学だからといって学歴で落とす企業もあるようですが、徐々に少なくなってきております。
人事に居る人間も馬鹿ではないですので、色々と考えを持って採用に臨んでいるのは知って置いてください。
学歴社会と言うのが根強く残っている反面、それも崩れ去って来ている昨今、何かやりたい事を柱に行動するのが良いとこれまでも書いてきましたね。
自分がやりたい事は、大卒だろうが高卒だろうが関係ありません。
むしろ考え方が一般的なほうが、より消費者の好みに近いアイデアを出せるかもしれませんよ。
そのアイデアが学歴で通らない会社ならば、さっさと次の会社でアイデアを出してやる!位の気概で臨んでいきましょう。
ブラック企業に入ってしまった場合は、先日もありましたが最悪自殺という結果になってしまうので、あっ!ここ駄目だ!と感じたら転職サイトを覗いて見てください。
正社員の求人サイトは比較するより登録しよう
何度も言いますが、自分に向いている仕事ではなく、自分がやりたい仕事を選んで柱に据えることが大事です。
良いと思った会社があれば即応募しましょう。