外国人留学生を採用する企業が増加し新卒の就職活動が更に激化

前々から言われている外国人留学生の採用ですが、ここにきて更に外国人留学生を新規採用する企業が増加しているようですね。
これまでは製造業などが多かったのですが、最近では小売業やサービス業なども獲得に乗り出しているようです。
これによって日本人の新卒新規採用枠は減るのは間違いないですので、就職活動も激化しているとの事。
あげられた業界だけでなく、大手や外資企業でなくても外国人の雇用が増えてきているのは私もかなり実感していますので、今後日本人はどこに就職することになるのだろうか。
それだけ海外思考の企業が増えているのか?と言えばそうではなく、只単に人件費削減しているだけの会社もあり、そもそも長期間外国人を雇用するのはビザの関係や考え方の相違で非常に難しいです。
海外ではステップアップとして転職をするのは、どこかで聞いたことあると思いますが、これは本当の事です。
一昔前の日本のように、生涯雇用や1つの国、1つの会社というのは考えられません。
となると、直ぐ辞めるからと給料をどんどん下げるのが日本企業。
今後外国人雇用の流動化が多くなるにつれて、給与水準は低くなっていくと予測している。
しかし、新卒の若い方たちは自ら海外で働こうという意思は少ないようで、住んでいる国・地域から出ようとしないらしい・・・
ちょっと考えれば分かることですが、逆パターンを考えれば良いことで、日本人や日本語を話せる、漢字・ひらがな・カタカナを書けるという強みを逆に売り込んでみてはどうだろうか?
日本文化はご存じの通り世界中で認知されており、震災以後注目度も高いです。
日本人が海外旅行で多く訪れる国々で働くことができれば、かなり有用だと思いませんか?