防災グッズ、太陽光発電、節電商品の後は除染グッズのバブル

防災グッズや太陽光発電、そして節電などエコロジー商品の売れ行きが伸びていると前にも書いていますが、それだけではありませんでした。
それが除染グッズ…
要はセシウムなどを吸着し内部被曝を防止するといった感じの商品が、次々と開発され販売されているようです。
これは本来あってはならない事なのですが、理由としては次のような事が挙げられています。
放射能汚染によって拡散した放射性物質が溜まっている所謂ホットスポットなどを除染する為、高圧洗浄で除染を行う為、舞い上がったセシウムを吸い込まない為。
各地で瓦礫受け入れが表明されており、それを懸念した周辺住民が使用するため、もしくは瓦礫撤去の作業員が使用する。
土壌汚染された土地から放射性物質を取り除くため、などなど様々な理由があるようです。
確かに放射性物質を吸い込んで内部被曝するのは御免被りたいですが、これらによって放射性物質がなくなるわけではない。
マスクにしてもフィルターにしても、その処分方法の確立をしっかりしなければ、結局同じ事だと思うのですが…それに拡散も完全に収束した訳では無いですよね。
しかし、これら除染グッズによってある程度不安が解消されるのも事実なので、今後半減期が訪れる数十年後までバブルは続くのかもしれない。