震災で旅行会社の倒産が相次ぐが、もう少し頑張って欲しかった2011年

旅行会社の倒産、4割増=震災で国内旅行低迷-11年
 民間調査会社の帝国データバンクは8日、2011年に倒産した旅行会社は49件だったと発表した。前年比40.0%の増加。破綻した旅行会社の多くが中小規模で、負債1億円未満が件数の8割を占めた。東日本大震災直後に自粛ムードが全国的に広がり、国内旅行が低迷したことが主因とみられる。
 帝国データによると、2000年以降で旅行会社の倒産件数が最多だったのは、イラク戦争や新型肺炎(SARS)の影響を受けた03年の50件。原油高で旅行費用が高騰した08、09年の各49件が続く。いずれも海外旅行の不振が原因だった。(2012/02/08-16:51)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201202/2012020800725

2011年は旅行業界にとっても最悪の年となってしまったようです。
帝国データバンクが調べた所、例年の4割り増しとなる旅行会社の倒産があったようです。
原因は東日本大震災後の自粛ムードとなっていますが、そうではありませんね。
もちろん自粛ムードもそうですが、被害を受けたのは何も東北だけではありませんし、関東の交通も麻痺した事を忘れています。しかも、震災後も余震が相次ぎ旅行どころではありませんでした。
そして肝心なのは放射能汚染です。
この最大の原因を書かないのは言わなくても分かりますが、放射能汚染によって東日本というか東北への旅行者は激減したのは言うまでもない。
しかし、夏には既に忘れ去られ海へ出かける観光客や円高で海外旅行を楽しむ旅行者などが一気に増加。
いつの間にか前年度よりも増収・増益になっていたのも忘れてはいけません。
倒産してしまった旅行会社が関東や東北なら国が援助するべきだったが、もしそれ以外なら何も気にする必要は無いと思う。
なぜかというと、2012年は完全に旅行や観光業界は盛り上がる年なのに、なぜそこまで持たせられなかったか?
2012年はイベントが盛り沢山、何と言ってもロンドンオリンピックがあり海外旅行客は円高もあって非常に多くなるでしょう。しかもオリンピックは夏休みとかぶっている。完全に旅行会社のやりたい放題だ。
そして、そのちょっと前には東京スカイツリーが開業する。
すでに各旅行会社は観光ツアーをあの手この手で組んでおり、すでに初日だけで20万人の予約が成立している。
更に言うなら、前年度は自粛で騒げなかった桜の花見も今年は爆発すると考えられる。
まだまだありますが、2012年は旅行業界の年とも言えるのは間違いないでしょう。
凄まじく忙しいと思うが、頑張れ旅行会社、代理店の方々。