派遣社員として働く上で知っておくべき事

正社員を雇用する機会が減ってきている反面、派遣社員を雇用する機会が増えてきている昨今ですが、派遣会社はどのように選んでいますか?
私自身は派遣会社を通して派遣社員として働いた事はありません。
逆に派遣会社で働いた事があります。
知り合いには人材紹介会社や派遣会社を多く利用している人も数多くいます。
中には派遣会社を立ち上げた人もいます。
それだけ現在派遣会社や人材紹介会社というのは需要があるのでしょう。
しかし、派遣社員に対する社会の風当たりはニュースにもなったりしており、良いことばかりではないようです。
特に悪徳派遣会社に当たってしまうと本当にひどい目に会うようです。
私の場合、就職や転職の際に派遣会社という選択肢はありません。
なぜなら、自分の働く先を他人に任せることができないという考えがあるからです。
派遣を利用している人は、就業しながら次の就職先を探してくれたり、待遇面の交渉を代理でやってくれるから便利で利用しているようです。
大体がリクルートやインテリジェンスといった大手を利用しているようなので、世間で言われるような事にはなっていないようですが、その派遣システムや担当者には結構不満があるようですね。
大体の派遣会社が企業側からの受け取りを折半するような形となっており、自分が働いた分派遣会社にも支払われるシステムです。
そのシステムが解っていると自分についた担当者に対する目が非常に厳しくなります。
それもそのはずで、自分の目の前に座っている担当者を養うのと同じことですからね。
私の周囲には結構な腕や経験をもった人がいますが、彼らの派遣会社担当者に対する目線は非常に厳しいです。
日時をちょっと間違うなどは論外で、希望職種・給与など的はずれな案件を持ってきたら即チェンジをするそうです。
時間がないから派遣会社や人材紹介などを利用しているのに、訳のわからない案件でいちいち連絡してくるな。
というのが、チェンジの理由らしい。そもそもコイツに給料の半分を渡していいのか?などの疑問が沸いてきたら最悪です。
派遣会社の観点から見てみると、この案件は長いこと決まってないから早く決めたい、支払い率が高い企業を決めたい等など、様々な思惑があります。
そして、担当者の給与評価もそれに準じますので、どうしても優遇する企業が出てくるのです。
本来ならば、そういった事はあってはいけないのですが派遣会社の社員自体回転率が高く、一部の人を除いてかなり骨抜きとなっているのは否めません。
派遣登録をする人は、仕事を紹介してもらうという負い目が有ると思いますが、基本的に立場は対等です。
その職務を全うできないのであれば、即チェンジする気概を持ちましょう。
そして、優秀な担当者に出会えるまでチェンジしましょう。
自分の働く場所を任せるので、安易な御人好し思考はすてましょう。
人材派遣・紹介会社は求人や職種で比較してみる方が良い
派遣や人材紹介の利用を考えている人は上記記事を参考にしてみてください。