2:8の法則、パレートの法則

よく2:8の法則やパレートの法則といった言葉を聞きますが、いったい何なのでしょう?
これらの法則は全体の2割りが働いて残りの8割りは怠けているといった事らしいです。
この法則はどんな企業でもあてはまるらしいですが、実際問題どうでしょうかね。
私個人の意見としては、意外と当たっているという印象を受けます。
が、だからといって気にする必要は全くない。
例えば、ある課で自分の能力で殆ど課の利益を産み出していたら法則に当てはまっていると考えられます。
しかし、部の利益として見ると自分の課の利益は微々たるものだとしたら、それも法則に当てはまります。
その部の利益も会社の利益をみると少なかったら、やはり法則に当てはまります。そして会社の利益も他の会社と比較すると・・・
他にも、会社でトップの成績でしたが後から入社してきた優秀な人材達によって残り8割りになってしまった。
しかし、その優秀な人材もそのあとに入ってきた優秀な人材に・・・
このように全てに当てはまりますが、こんなことを言い出したら切りがないですし、意味がない。
そして、この法則には2割たちが処理しきれなくなると8割が働き出すなどといったフォローがありますが、それも完全に当たり前であり、知ったところで意味がない。
優秀な2割が辞めれば次に優秀な2割がくりあがる。
新たに雇った人材が8割りに加わる。
そして、また無限ループになる。
ここで重要なのは自分が2割か8割か分かったところで、どうしようもないことです。
頑張って2割になったとしても、比較対照を広げれば8割になるわけで、会社内で完結したとしても狭い範囲の2割でしかないし、結局入れ替わる。
2割と8割の線引きもちょっと良く分からない。
企業の競争原理があるかぎり、この法則は崩れないとは思いますが、もはやどうでもいい。
まぁ、暇な人は2:8の法則やパレートの法則の書籍などを読んでみるといいでしょう。
それ以外の人は、言葉自体を記憶から消去しましょう。
ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略
80対20の法則を覆す ロングテールの法則