会社でタバコの喫煙は止めた方が身の為だ、喫煙所は頭が悪くなる

あなたはタバコを吸いますか?
喫煙するなら家か会社専用の喫煙所で吸うべきだ。間違っても公共の喫煙所などを利用してはいけない。
私はもともと喫煙者でしたが、昨今の喫煙事情で会社専用の喫煙所はなくなり会社のビルのとあるフロアで、公共の喫煙所を使用しなければならなくなりました。
エレベーターで何十階も降りなければいけませんでしたが、気分転換にはいいかなと最初は思っていました。
しかし、その喫煙所で見たものはまるで田舎のヤンキー・不良かと勘違いをしてしまいそうな会社員の集まりでした。
5~6人で連れ立ってタバコを吸いに来ている様は非常に可笑しくもあり異様な光景でした。
ヤンキー座りをしている者、走り回ったり暴れたりしている者、つばを吐き散らかしている者、灰皿が近くにあるのにポイ捨てする者、置きっぱなしの缶コーヒーなどなど、まるでマナーがなっていない会社員の集まりで、スーツを着ていなければとても会社員とは気づきません。
それだけならまだしも、社内での愚痴を大声で話していたり、営業の電話らしき事を携帯電話で大声で話していたりと、内部情報が駄々漏れ・・・もはや社会人ではないでしょうこれは・・・
そしてなぜか、人の顔をジロジロ見てくる人が多い事多い事…あまりにも見てくるので「何ですか?何かついてます?」と聞いてしまった程だ。
かなりしどろもどろの返答を得たが、多分所謂「ガンをつける」行為をしていたのでしょうね。
あまりにも酷い為、数ヵ月後別の喫煙所に行って見ることにした。
その喫煙所は会社員だけでなく一般人も入れる喫煙所でしたが、ここはもっと酷かった…
異常に臭い人、自販機の下をあさる人、やたらと近づいてくる人、服装が明らかに異常な人、独り言ばかりを言っている人などなど、ホームレスと思われる人が非常に多かったのです。
私がタバコを出した瞬間に
「いいタバコですね。私も吸ってみたかったんですよ。一本ください」
「一日何本吸ってます?結構高いですよね。一本ください」
喫煙所に入ってきていきなり「すいません。一本ください」
タバコを捨てようとする人に「捨てないで私にください」
もう嫌だ。こいつらと同じなのか俺は・・・と考えていくとタバコを吸うことが嫌になってしまい辞めました。
この他にも様々な公共の喫煙所を利用した事があるが、どこも同じで毎回嫌な気分になります。
結論としては、こういった公共喫煙所には必ずおかしな人間がいて不快な思いをするが、タバコを吸う、同じ空間にいると言う事を考えると、同じ様になる可能性があるのかもしれない。類は友を呼ぶといった言葉を思い出した。案の定その時行っていた会社は酷い会社だった。
その為、喫煙所にはいっさい近づかないしタバコも吸わない事にした。
この様な事から、どう考えても会社でタバコを吸わない方が良いと思っています。
どうしても吸いたいのであれば、会社専用のプライベート喫煙所やカフェの喫煙所を利用した方が良い。
もし、現在使用している喫煙所に低レベルの人間がいるならば、あなたも低レベルになっている可能性があるかもしれない。
読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー (ムックセレクト)