世界同時株安でもアップルはiPhoneで株価上昇

ヨーロッパの財政問題などで、世界同時株安の状況が続いていますが、日本国内でも株価が下がり続けています。
しかし、下がる株価とは逆に株価が上がっているのがアメリカのアップル社ですね。
先日iPhone5を発表した時には、一気に株価が上昇しました。
一時はスティーブ・ジョブズの離脱などで低迷するのではないかと言われていましたが、iPhoneのバージョンが上がるたびに株価が上昇する位のブランドイメージになったようです。
iPhoneでこれだけの影響があるので、iPodやiPadなどでも同じ様な効果が期待できるでしょう。
スティーブ・ジョブズが作り上げたアップルのブランドイメージがここまで凄いとは、マカーと呼ばれ一部のマニアにしか受けなかった頃からでは想像もつきません。
2001年にiPodを発表した時から、アップルはジョブズによって生まれ変わったのでしょう。
そして再度ジョブズがいないアップルになった訳ですが、今回のiPhone5はいいとしても、ジョブズが関与していないその後の開発に関しては、未だ未知数である事も否めません。
不況に全く動じないアップルに、これからもっと注目が集まるのは間違いないでしょう。
それにしてもジョブズは心配だ…
スティーブ・ジョブズ I
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則
アマゾンでアップル製品を見てみる