派遣社員で年収が良いのは専門職のみ、後はピンきり

派遣社員は年収が良いと言われているが実際のところそうでもない。
派遣社員で給料・年収が高いのは、スペシャリストと呼ばれる専門的な知識を有した専門職の人だけです。
派遣社員だからといって誰でも給料や年収が高いと言うのはありません。
元々派遣社員が必要だったのは、企業に専門職がいない、もしくは足りない場合の補充要員です。
その為、必要な知識や経験を持った人材を一定期間内雇う必要性があったのです。
だから、給料や年収が高いイメージがあるのでしょう。
しかし日本の派遣社員の現状は、本来の役割とは違った認識を持った人が多いのが現実です。
実際企業側も初心者でもOKというところがあったりしますので、アルバイトよりも、ちょっと給料・年収が良いと言う安易な考えで派遣社員を選んでしまっている人がいます。
はっきりいって派遣社員というのは、その派遣会社の社員の給料を稼ぐ為だけに存在するといっても過言ではないでしょう。
知らない人も多いと思いますが、派遣社員として働いているあなたの給料の数パーセントが派遣会社に入ります。
あなたが一生懸命働けば働くほど派遣会社が儲かるしくみなっています。
酷いところは、かなりのマージンをとっている派遣会社もあります。
専門知識を有して、どの企業も欲しい人材であれば、希望金額を得る事ができますが、たいていの人はマージンを搾取されるだけの派遣社員として存在しています。
そして、更に酷いのは定年まで派遣社員で働けると勘違いしている人が多すぎるという点です。
最初に言ったように期間内の補充要員な訳ですから、長期間・・・定年まで雇うという考えがある訳ありません。
派遣社員がいる間に社員の育成を図り、育成が完了したら派遣期間終了で、次の派遣先に赴くといった感じですので、正社員と同じ待遇とか、私の方が仕事しているとか文句を言っている人は、もはや自分が何者か分かっていないのでしょう。
専門職であり、その職種に精通し、知識も技術も経験もあり、短期間で成果を挙げることが出来る人材だからこと給料や年収が高く、代替社員が見つからない場合は正社員への打診がある事が多々ありますが、単なる数あわせ要員の仕事で経験も技術も知識も普通な場合は、期間途中でも契約解除になる事もあります。
そういった個人間での優劣がでるのが派遣社員であり、派遣という働き方なのです。
派遣や人材紹介の利用を検討している人は、下記記事も読んでください。
人材派遣・紹介会社は求人や職種で比較してみる方が良い
残念ながら日本では後者の方が圧倒的に多く、自分が数合わせだという事にすら気づいていない。
正社員になれないから派遣社員という考え方自体が間違っており、正社員になり技術や知識を得て経験を積んで、更に様々な職場や企業を見てみたいと言う人が派遣社員を選ぶのが普通なのです。
現在日本では意味の無い派遣社員を採用する事が減ってきており、求職者側も派遣で働く事の無意味さが分かってきた為、派遣社員の数は激減しております。
今後、派遣社員として残っていくのは、本来の意味であるスペシャリストだけでしょう。