30歳からの転職は、35歳以上の人に比べればまだましな雇用情勢

30歳から転職を考えている人にとって、一番気がかりなのは年齢の壁でしょうね。
ましてや、転職したいと考えている職種が未経験であればなおさらでしょう。
しかし、未経験職種でも、何かしら関わった事があったり、趣味で研究を続けていたり、実際自分で行っていたりしていたら、その仕事に対する姿勢を買われて転職活動が上手く行く場合も多いです。
実際、年齢の壁が厳しいと感じるのは35歳以上の人です。
求人募集の求人広告などで多いのは、30歳までではなく、35歳までといった応募条件が殆どです。
これは、若い人材が欲しいとか、そういったメッセージではなく、本当に年齢制限をしている場合が多いです。
年齢不問という場合でも、35歳という区切りで見られる事も多々あると考えておきましょう。
なぜ35歳なのかというと、その位の年齢になってくると管理する立場の人間にシフトしていく事が多く、ある程度経験を積み、技術も知識もしっかりと身につけていると考えられています。
その為、35歳以上の求人募集となると管理職や、経験を必要とする技術職、人脈が欲しい営業職などかなり絞られ、役職もリーダーや役職付きなど責任者から始めてくれる人を求めます。
しかしながら、こういった役職付きからの求人募集は少なく、転職者も責任者からは嫌だというミスマッチな状態が続いています。
30歳を超えて転職を考えている人は、早めに決断をした方が身のためだと思っています。