クールビズ、扇風機など節電商品が飛ぶように売れている。ビジネスチャンスを逃さない。

電力の供給不足により、節電をしいられている企業や家庭で、電力消費を抑える節電グッズや、涼しいファッションで仕事ができるクールビズが今年は爆発的に売れています。
クーラーの消費電力を落としたり、扇風機に変更したり、様々なアイデアがありますが、こういった節電に関する生活習慣の変化をいち早く取り入れる事ができる企業と言うのはいいですね。
ここまで節電が話題になっているのにも関わらず、節電商品、アイデアがない会社と言うのはビジネスセンスがないと言ってもいいでしょう。
こうした日本全国の消費者レベルでの生活に関わってくる重要な分岐点かもしれない今年の夏。
いかに、いち早く消費者の意識をマーケティングできるかにかかってくるといっても過言ではないでしょう。